同キャラ[一般]

 同じキャラクターのこと。
 現実では、アントニオ猪木VSアントニオ猪木は実現しえないが、ゲームならば可能である。
 対戦格闘においては、同キャラ戦ではキャラクターの性能が同じであるために、純粋にプレイヤーの技量の差が勝敗に結びつくことになる。
 実は、プログラム上の都合で、投げあった場合1Pが必ず勝ってしまうとか、画面端で周り込みが効くとか効かないとか、1Pと2Pで性能差があったりすることもある。
 完全に同じキャラだと区別が付かないので、色違いや衣装替えなどでキャラクターを区別するのが一般的。

同時押しコマンド

 複数のボタンを一度に押すこと。
 同時に押すボタンの個数で「2ボタン同時押し」「3ボタン同時押し」がある。一般に、ボタンが多い程、難しい操作であるため、威力が高い攻撃などの有り難いものに使われる。
「押しながら」と似ているが、「押しながら」は既にあるボタンを押している時に別のボタンを押す操作である。

道中(on the way)

 アクションゲームでも特にシューティングゲームに於いて、ボスに至るまでの部分を道中と言う。

 道中はパワーアップしたりボムを溜め込んだり、その場を切り抜けるだけでなく後(主としてボス)に備える戦略的なプレイが必要となる。

ドゥーム型FPS(First Person Shooter)
トゥルーエンドエンディング

 マルチエンドのゲームで、制作者によって真のエンディングと規程されたエンディング。
 Leafより広まった用語。ちなみにでは、あまり真のエンディングといった意味合いは強くない。

バッドエンド

突進技[格闘]
スパイラルアローと見せて、ストレートスライサー

 体ごと相手に向かって突進し、ダメージを与える技。
 カプコンストリートファイターIIのキャラクターの技から「ローリングアタック系」とか「スーパー頭突きタイプ」とか言われないのは、技の見た目や性能が単純である事や、名前が印象的で無いということもさることながら、ブランカとエドモンド本田では、キャラクターが地味ってのはあるだろう。
 コマンドは右向き時左タメ、右下、右下、右または 左、左下、下、右下、右が一般的。
 図のように、攻撃判定(赤)が食らい判定(青)の中にあるのが普通で、多用すると反撃を受けやすい。
移動投げ」は、突進技とは別の技として区別される。

ドット[一般]

 画面を構成する点。
 現在、ほとんどのコンピュータの画面は、四角い点を敷き詰めたモザイクのようにして構成されている。コンピュータゲームにおいてもこれは同じ。
 最近は解像度が上がってきて1ドットが小さいため、ゲーム攻略上意識されることは少なくなっているが、昔は「画面端から4ドットほどキャラをずらして」とか、頻繁に出てきたものだ。
 画面を構成する最小単位であるため、ゲージや間合いなどの長さの単位として利用される。

ドットイートアクション

 画面に散らばる点を全て取ることによりクリアとなるゲームの総称。
 初期アーケードゲームとして大きな勢力を持っていた。

 セガヘッドオン、ナムコパックマンなど

トップビュービュー

 上から見た視点のことを、トップビューと言う。
 ファミコン、スーパーファミコン時代のRPGに多い。

参考「トップビュー考察

飛び込み[格闘]

 相手の近くに着地するようにジャンプすること。
 飛び込みから放った攻撃が、着地によってキャンセルされるため、次の攻撃がつながり連続技となる。
 故に、連続技の起点として重要な行動である。

飛び道具[一般]

 プレイヤーキャラクター本体を離れて移動し、ダメージを与えるもの一般。必ずしも飛んでいる必要は無い。
 ゲームにおいては、ナイフや弓などの物理的に痛そうなものから、犬やコウモリなどの動物、魔法、気、人魂など、良く分からないものまでがダメージを与えるために飛ばされる。

ドラクエ型RPG

 RPGのうち、2Dのマップ上を移動し、コマンド選択型の戦闘が行われるものを指す。
 言ってしまえば、サーテックウィザードリィの戦闘とオリジンウルティマの移動・会話シーンをくっ付けたものであるが、初のファミリーコンピュータ用RPGであるエニックスドラゴンクエストの完成度の高さから、あっという間に、日本のRPGの主流となった。
 ちなみに、今は無きシミュレーションボードゲームの老舗SPI社のTRPGドラゴン・クエストとは、関係がない。

 スクウェアファイナルファンタジーシリーズ、など

トラックボール(track ball)[ハード]
トラックボール

 台に埋め込まれたボールをクルクルと回す入力装置。
 2次元的なアナログ入力が可能であることが特徴。
 パソコンではマウスの代わりとして使われるので、比較的馴染みがある入力装置だが、ゲームで使われているものはあまり多く無い。
 古いやつはボールと台の隙間に手の皮はさんで血まみれ(おおげさ)になることもあるので注意が必要。

 テクモワールドサッカー、タイトーサイバリオン、セガソニック・ザ・ヘッジホッグ(3D)SDIアウトトリガー、アタリマーブルマッドネスミサイルコマンド、ナムコアルマジロレースなど。

トラップ(trap)[一般]

 罠のことだが、ゲームでは敵以外でダメージを受けるもの全般に使う。
 扉が落ちて閉じ込められる等のダメージを受けない罠には、あまり使われない。
 トゲ、溶岩、矢、等が代表的なトラップ。

トレーディングカードゲーム(Trading Card Game(TCG))[ジャンル]

 もともとはアナログのカードゲームの一種。
 特徴は、ひとつのセット(パック)の中に全てのカードが入っておらず、その名の通りカードを交換(トレード)して、必要なカードを集めることで、手元のカード(デッキ)を強化していくところ。
 絵柄が美しかったり、稀にしか存在しない(レア)カードがあるため、ゲームとしてプレイするだけでなく、コレクションとしての楽しみも一般的。
 マジック:ザ・ギャザリングが嚆矢。

 コンピュータゲームとしては、トレーディング要素がなくても、カードを組み合わせるゲーム一般をTCGと呼ぶ傾向にある。
 甲虫王者ムシキングや、三国志大戦など、アーケードゲームと連動したTCGも現れ、コンピュータでカードの判定を行い戦闘(やダンス)シーンを映像で楽しめるようになっている。

参考「カードの性質

ドロー(draw)[一般]

 様々な理由で対戦が引き分けとなること。
 主に時間切れの時に、互いのスコア(体力)が同じである場合、ダブルノックアウトなどで引き分けとなる。

トロフィー(trophy)[システム]

 ゲーム内で所定の条件を達成することにより手に入るアイテム
 アチーブメントもほぼ同じ用語だが、より記録としての側面が強い。