鳶嶋(とびしま)工房(こうぼう)(Tobishima-Factory)

 開設。大串 敏史(とんび)の個人サイトです。
 オリジナルゲームやゲームエッセイが人気です。
 Mac用のスクリプト言語AppleScriptに関する記事も、地味に人気です。
 人気エントリーを見ると、面白そうなページが分かるかも。

Counter | このエントリーをはてなブックマークに追加 | atom1.0 feed Atom1.0



大串(おおぐし) 敏史(としふみ)(とんび)さんの近況

僕だけがいない街

「バカなの?」の破壊力高いですね

 OP曲のアジカンRe:Re:は歌ってる途中でリライトに変化してしまうんですが、みなさんそんなことないですか?

 推理ものとしては、誰が殺したか(フーダニット)は早々に視聴者に予想がついてしまうので、ずっとフーダニットで引っ張るので、面白みがなかったですね。
 SFものとしては、生き直しのリバイバル現象の理由がなんもわかんないし、発生タイミングとか飛ぶ時間の調整ができないか探る、みたいなこともやんないし、そこも面白くない。
 で、結局作品が面白かったかというと面白いんですね、これが。

ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜

こういうポーズにしがちな僕、膝が変だが気にするな

 棺姫のチャイカの時から気になってるんですけど、なまにくATKさんの描くまつげはなんでしょうね。
 気になりすぎて話が頭に入ってこないレベル(笑)
 目の色がやたら凝ってるんですが、特殊能力があるわけでもなく、いらんところに労力使ってんなー、という気になっちゃいましたが、ヒロインですしコストをかける価値はあるはずです。
 他にも、最近流行の前髪を半透明グラデーョンにして肌となじませる手法とか、色々と彩色コストがかさむキャラです。

 あと、ブリドカット セーラ 恵美さんがメインキャストになってるアニメ初めて見た気がする。
 Wikipedia見たら、ブラッドラッドのハイドラ・ベルもそうだったのか。気づいてなかったな。

 響けユーフォニアムの後に吹奏楽部ものとか相当厳しいだろ、と思ってたんですが、内容はどちらかというと氷菓に近い、謎解き系の話でした。
 こうなると吹奏楽要素って必要だったんかな、とか思わんでもない。
 同級生の男女でメガネのイケメン先生を取り合うという展開はちょっと驚きました。とはいえカードキャプターさくらで、同級生の男女でお兄さんを取り合う上に、お友達は親子二代でストーカーとか諸々濃い展開を通過している私たちには、むしろ設定は弱いくらいですよね。
 結局いろいろと中途半端な感じで、どの辺を目指してるんだかよくわかんないアニメでした。
 見て損したって感じはしないけど、見ないと損という感じもしないという。

灰と幻想のグリムガル

頭身間違って、頭大きくなっちゃったなー

 しかしこの髪型は危ない。初見で死にそうって思ったけど、赤毛だし大丈夫かも、とかもー毎回「死ぬなー」って応援してましたよ。

 なんか薔薇のマリアみたいなウィザードリィ臭がすると思ってたら、作者が同じ十文字青だったので、我ながらソムリエっぷりに…以下略。
 というか小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春っぽいタイトルだよね。完全にリスペクトでオマージュですよね。
 ところで薔薇のマリアって27巻も出てんのね。5巻ぐらいは図書館で借りて読んだけど、続刊がどれかわかんなくなって読むのやめた、んじゃなかったかなぁ。
 読書メーターに登録してなかったし、というか読書メーターはまだなかったよな2010年より前って。
 で完結してたのか、へーふーん。

 あ、灰と幻想のグリムガルの話ししてないな。
 RPGっぽい世界観なんだけど、飛ばされがちな地味な部分を丁寧に描いていて、ある意味では日常系アニメかもしんないですね。
 ゴブリン倒すのに、すごいもたついたりとか、下着がボロいけど金ないんで我慢しようかとか、すんごい地味な話だもんな(笑)
 亜人の生活も丁寧に描かれてて、知能文化レベルがわりと高いので、主人公たちの山賊感が山賊の娘ローニャよりずっとあるとゆーね。

 背景美術が手描きっぽい3Dを使う場面がいくつかあって、普通の背景みたいに見えたのが、背景動画しはじめるのは凄かったですね。CGの使い方も熟れてきたなぁ。
 同時に「あそこ岩がセルの色だから崩れるんだな」みたいなことはもうないんだな、とゆー、どーでもいい感想を持ちました。
 あと、音楽に乗せて展開するシーンがとにかく長くて「こんな大胆なことして大丈夫か」と、ある種エヴァのエレベータのシーンと同様な不安な気持ちになってしまった。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

 前半のサスペンス風味の展開は良かったが、後半には一言いいたい。
 ジェフ=ゴールドブラムが運転するスクールバスとかいう、生存フラグの塊には安心感しかないわ!! ドキドキするように工夫しろよ(笑)
 劇中でも「デヴィッド(ジェフの役名)のそばが一番安全だ」とか、完全に分かってる発言があったりするけどね。

 訳文のクオリティが低くて訳者誰だよと思ってたら、戸田奈津子で、あー。
 アンゼに任せとけよもう!!

 全体的に前作のパロディみたいなもんが散りばめられているんで、前作を見て予習しておいたほうがいいかなと思います。
 他にも、二作目でエイリアンクイーン出すとか、諸々の映画のパロディ的なのが入っていて、そこを「やりおるな」と見るか「パクリ」と見るか、そもそも気づかないか、あると思いますが、「やりおるな」のスタンスで見るのが吉。  

 老科学者のBL展開にちょっと感動。編み物とかコテコテすぎるネタを…というか、僕は編み物ネタに弱いような気がする。THE LAST -NARUTO THE MOVIE-でもキュンときたからな。

 エイリアンの巨大円盤のサイズが不安定で、月にいるときと、宇宙から地球を見たとき、地表から見たときで、全然スケールが違って見えました。
 演出の都合上巨大兵器のサイズが不安定になるのは、ガンダムサイズであってもよくあることなんですが、実際のところどのくらい揺れ幅あったんでしょうか。この映画の場合1000倍ぐらい揺れ幅があったように思えて、さすがに演出のどうこうですむレベルじゃないだろ、とか思ったんですが、まぁあんまり気にしないですよね、普通。

 あと、中国の牛乳はトランスフォーマー/ロストエイジと同じメーカーだと思うんですが、どうなんでしょ。
 中国のスポンサーさんのおかげで、こういう豪華なアホ映画を見ることができて感謝するしかないですな。
 そうそう、中国の美女パイロットは可愛くて良かったですな。

 前の襲撃で残ったエイリアンやその技術が世界に色々と影響を与えてるというところが、実にSFっぽくて良かったんですが、後半は、核融合爆弾(たぶん水爆)とか使ってるし、航空機も現在のジェット機(VTOLではあるけど)に近い挙動だし、オーバーテクノロジー感が弱くて残念。
 20年たっても石油燃料の船とかスクールバスとか使ってるの、ちょっとおかしくないか、とか思ったり。
 ディメンションWのキョーマさんみたいに、コイルを信用しない人がいっぱいいるのか?

デュラララ!!×2 結

ドラミ型ターミネータ

 鯨木かさねさんが、こんなに前に出てくるキャラとはおもわなかったね。
 サイトのキャラ紹介で色も塗られてないし(笑)

 最後まで見たはずだけど、いまいち何がどうなったんだか覚えてない。
 僕らのちょっと変わった日常は、これからも続いていくんだ…結。
 みたいなエンディングだったっけ?
 やたら色々とキャラが出ること自体が売りだから、しっちゃかめっちゃかで、よーわからんまま進み、よーわからんまま終わっても、別に作品としての魅力が落ちるってことはないですしね。

ディメンションW

犬っぽい?

 緑の髪のロボ子が凄腕の賞金稼ぎのおっさんの所に転がり込むアニメとかSoltyReiかよ! とか思いつつ、好きなシチュエーションなので、視聴決定ですよ。
 心霊じみたサイバースペースの話が出たり、チキチキバウンティハンター猛レースみたいになったり、もーひとつ狙い所がわかんない感じでした。
 タイトルとなっているディメンションWとコイルに関するSF設定も、なるほどと思わせるようなものではなく、ファンタジー世界のマナとかアストラル世界に近いモヤっとした説明で、うーむ。
 いっそ血界戦線みたいに異界とか出しちゃって、なるほど科学的説明はなしの方向で! としちゃった方が、ハッタリとしては優秀だった気がします。

 このミラちゃんのデザインはよくできてますね。ただ、スカートの裾がちょっと面倒臭い。
 OP見てすぐ、ん梅津さんじゃね? と思ったらその通りだったので、我ながらアニメソムリエっぷりに若干震えた(笑)

中学英語 高校入試マスターシリーズ

 英語、出ました。
 こちらのナビゲーターはツインテ(?)のエミリちゃんです。

テイルズ オブ ジ アビスレビュー

 なかなか面白かったんですが、プレイしたり止めたりで、なんかクリアするのに1年ぐらいかかっちゃいましたね。
 そして、再放送してたアニメ版に先にエンディングを迎えられてしまうという。なかなかない体験でした。

 フリーランなんで「ふははは、当たらぬわー」って走り回ったり、ジャンプで頭上を越えるとかじゃなく普通に後ろや横に回り込めたりするのはよかったですね。

鳶嶋工房開設19周年

 いやー、Googleより古いんですよー、このサイト。
 一応辞めずに頑張ってるんで、自分へのご褒美に、Wii U スプラトゥーン セット アオリとホタルのアミーボ付き、を購入。
 割と最近のゲーム(笑)、スプラトゥーンに挑戦中です。

 毎年いってる気がしますが、もーちょっとハイスピードにページを増やしていけないものか。

アリスインワンダーランド 時間の旅

 シナリオがわりと普通の流れで、不思議度が足りなかった気がします。
 やっぱ、変さが足り無いのは、監督がティム・バートンじゃないから?

 そもそも、あの不思議の国に時間の流れがあること自体が、なんだか妙な感覚。
 いきなり、ああいう人物や生き物が存在する世界で、こちらの世界の常識が全然通用しないのがいいんじゃない。
 兄弟とか家族愛とか、「それ知ってる、ビスケットに挟んで食べるとうまいんだよね」みたいなキャラがいる世界じゃないのか。
 あの二人でアナ雪のよーな姉妹の愛情とか描こうとするのは、無理があるんじゃ無いでしょーか(笑)
 女王の子供の頃とか、あって欲しくなかったなぁ…

 衣装は相変わらず凝ってて、アリスのファッションショー的な感じになってまして、そこが一番の見どころかもしれないですね。

だがしかし

サヤ師って呼び名にも何かエロさを感じてしまう

 色塗ってから、このエプロン首の後ろで結ぶタイプだったわー、とか、喫茶エンドウのカウンターにいるなら立ち位置逆だったわー、とかいろいろ気づいてしまう。
 サヤ師は白目が多いので、どこが正解なんだかわかんなくなるな。
 スレンダーな女子がタンクトップとか着てると、「危ない!」という感じがしてドキドキしますね。具体的にどうとは言いませんが、服との密着感が希薄ですからねっ!!
 脇とか見ちゃうよねっ!
 肌の露出が多い服着るから、えっ裸?、とか思っちゃうカットが多いのもドキドキしちゃうよね!

 若干のヤンキー気味のギャルっぽさが、いい感じのサヤ師ですが、双子の兄貴が完全にチンピラなので、親もヤンキーと思われます。
 家族の影響があってこの薄味具合からすると実際のヤンキー度は、ほぼないと言ってもいいかもしれません。
 お医者さんごっこエピソードとか、妙にエロい扱い受けてて、すごく今まで手がつけられてない沃野を開拓しよう! という意気込みが感じられます。
 まーあれですよ、要するにサヤちゃん可愛いとゆーことで。

石膏ボーイズ

いっしー、意外に寄せるの難しい顔してる

 ホルベイン画材がオフィシャルスポンサーになってて、普通にコラボ画材売ってる。
 石ボが好きすぎて、石膏像買っちゃった人とかいるんだろうか…。全身像なんか余裕で100万とかするけど、頭像なら2万円ぐらいで場所もとらずお手頃だしね。

 微動だにしないキャラを主役においてアニメを成立させるというアクロバティックな番組でしたね。日本アニメのリミテッド演出の究極を見た思いです。

中学社会 高校入試マスターシリーズ

 社会、出ました。
 こちらのナビゲーターはメガネくんです。

 続きは更新履歴にあります。