鳶嶋(とびしま)工房(こうぼう)(Tobishima-Factory)

 開設。大串 敏史(とんび)の個人サイトです。
 ゲーム関連の記事が人気で、最近はRPGツクールMVやってます。
 Mac用のスクリプト言語AppleScriptに関する記事も、地味に人気です。

Counter | このエントリーをはてなブックマークに追加 | atom1.0 feed Atom1.0



大串(おおぐし) 敏史(としふみ)(とんび)さんの近況

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

私の記憶によれば、こんなキャラだったよーな

 ドキドキ!プリキュアのキュアエースは若干のケバさを感じたんですが、最近の口紅キャラにはそれを感じない。
 どーも口紅を上唇に塗ると、途端にケバさが出てくるみたいです。
 最近のキャラは下唇だけに口紅塗ってますよ、要チェック!

 京アニはとにかく一枚絵として破綻のない高クオリティな絵作りを目指してる感じで、それはそれでいいんですけど、疲弊しちゃわないかと心配です。
 線を多くされても、僕としては特に嬉しくないんですが、需要あるんでしょうね。

 お話としては、自動書記人形という職業が下手すると10年ぐらいしか存在しなさそうなんで、そろそろ次の職業考えないとマズくない? みたいな、結構どうでもいいようなところで入り込めませんでしたね。
 戦闘しか知らない人間が人の心に触れて人間性を獲得していく、というプロット自体は多分好きなんですが、イマイチ乗れなかったのは、戦士とタイピストの物語的融合が今ひとつ、ピンと来なかったところですかねー。
 兵士の部分はバッサリなかった方が、良かったんじゃないかと思ったぐらいです。

宇宙よりも遠い場所

今時の女子高生の流行はペンペントライアイスロンです

「南極で鍛えたペンギンテクをくらえー!」「だったらこっちはシロクマパワー!」「いないよ! シロクマいないよぉwww」とか言いながら遊んでいるに違いない。
 マジか! というぐらい黄ばんだコントローラを使っているのがポイントです(笑)
 ダンボールに保管されてたんでしょうね。
 最初、ぷるぷるパック描いてたんですけど、よく考えたらペントラはロンチタイトルだから対応してないですよね。

 作中の高橋家に登場するゲーム機が気になって気になって、ゲームキューブかよ! とかツッコミつつ楽しく視聴しました。
 CV金元寿子がスプラトゥーンやってるパターンも考えたんですが、ちょっとWiiUは新しすぎる(笑) と思って。
 めぐっちゃんは、今時のアニメらしからぬでっかいまん丸メガネで、部屋には古いゲーム機あるし、最初から好感度高かったけど、あの絶好無効回を経て最終回で好感度が爆上がりしましたね。 

 安直に使わないように気をつけてるんですけど、これ「名作」です!

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負『けも耳』

アルさんだにぃ

 ゲームに出す予定のキャラを、ワンドロにかこつけて作ろうと思ったんですけど、1キャラすら完成しないで1時間終わってしまいました。
 色がなかなか決まらなくて…
 描いてて、なんか既視感あるなと思ったら、このキャラ80%ぐらいフリクリのハル子さんですね。

 猫王子カフェインはあのくらいのボリュームのゲームを週一ペースで出せる体制を構築したいなと思いつつ作ったんですが、環境構築を未だやってる状況でして、わははー。

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負『バレンタイン』

愛のプリ…

 左が姫さまっ!から、タニアちゃん。
 右がメイドどうも!から、たえちゃん。
 たえちゃんカラーで描いたことなかったから「こんな色濃かったの !」と思った人もいるかもしれません。
 たえって名前ですけど、黒人枠なのです。クローディア枠なのです。パイン・サラダなのです。
 なんか黒人の美人は料理上手という刷り込みがあるかもしれません。ナディアでは覆されませんでしたね(笑)
 一応、唇が厚いところで黒人感出してたつもりなんですけどね。
 黒人 = 唇が厚い、というのもちょっとステロタイプすぎる感もありますが、他の部分がさほどステロタイプじゃないので、まぁいいかなと。

 あ、タニアちゃんのチョーカーの色ぬり忘れてる。

ROBOMASTERS THE ANIMATED SERIES

へそもがっちりガード

理科系学園青春ものとして、それなりに面白かったんですけど、何しろ地味。
キャラクタデザインにEテレ感強い地味さがあるとういか、みんな全く普通の私服を着てて、このシャオアイが一番アニメっぽいキャッチーな絵面なんですけど、それでもこの露出のなさ凄い。

今の科学技術でもほぼできそうなリアリティレベルで、それ自体は面白いんですけど、ロボマスターズってタイトルからイメージされる二足歩行ロボ出て来ません、ロボテクスノーツ的なものだと思ってたら、ほぼロボコンでマジで地味。

ドローンでおなじみDJIがスポンサーで、このROBO MASTER大会のキャンペーン的な立ち位置のアニメらしい。
中国舞台で展開も中国を中心にしてるみたいですが、アニメ製作はほぼ日本(ゴンゾ)みたいです。

ラブライブ!サンシャイン!! 2nd Season

ハイスペックなポンコツ

 一期は妹ちゃんを描いたし、宝石の国ではフォスを描いたんで、ダイヤで!
 多分、ハンバーグで言い争いしてるとかの、しょーもないシーンです(笑)
 この画面端から妙なパースの顔面アップが出てると、ラブライブ! って感じですね。
 サンシャインはかなり積極的に使われてたように思います。ひょこっ!

 CGのライブシーンと手描きの融合度がさらに上がって、一見して判断できないレベルになってきました。
 すごいなー。
 一期の宙ぶらりんな状態から、ちゃんと決着がついた。
 しかし、期間が結構空いたので状況忘れちゃってたのよねー。

魔法使いの嫁

買ってこられたお嫁さん

 イントロのぶっ飛んだ人買い設定に驚きましたが、ファンタジックな世界は非常に良かったですね。
 キャラデザインがちょっと珍しい感じで、イマイチ似てこないですね。難しい。

 お風呂に入った時のオールバック状態がなかなかイケメン(?)で良かったんですが、ちょっと資料がなくて、ぼーっと立っちゃってます。
 割と本編もぼーっとしてる感じだったんでいいと思います(笑)

宝石の国

あー、もう砕けそう

 いやー、宝石の国よかったですね。
 男だか女だかわかんないをすっ飛ばして生物か鉱物かという次元に突入したの、あーすごい正に鉱脈見つけた感ありました。
「推しの石が高くてつらい」などというパワーワードも生んだり(笑)
 フォスのバージョンアップ展開は、なんだか仮面ライダーの新フォーム登場的な高揚感ありました。

 背景も含めてCGで作ってあって、硬質な世界にベストマッチでした。
 しかしコメンタリー聞いてると、かなり手描き部分があるという話で、CGとのすり合わせの技術が高すぎて逆に驚きです。

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負『特別な気分』

ラビットは男装に自信がある

 ラット&ラビットの二人が私服捜査を行なっているところにインタビューされ、咄嗟にラビットが答えている場面、とゆー感じです。
 今日はツインテールの日らしいので、ラットちゃんにはいつもの4本おさげではなくて、ツインテールにしてもらいました。

この後
ラット「知り合いが、あいつら付き合ってると思うだろうが!!」
ラビット「知り合いは私が女だって知ってるし」
ラット「レズカップルだって思われる、つってんだよ!!」
ラビット「あー、付き合っちゃう ?」
ラット「お前、いっぺん死ね!!」
みたいな会話が交わされる。

2019年1-3月期アニメ

 今期の視聴予定は以下のような感じです。

  • ラディアン
  • 上野さんは不器用
  • エガオノダイカ
  • かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜
  • 賭ケグルイ××
  • ケムリクサ
  • けものフレンズ2
  • 荒野のコトブキ飛行隊
  • スター☆トゥインクルプリキュア
  • どろろ
  • ブギーポップは笑わない
  • マナリアフレンズ
  • モブサイコ100 Ⅱ
  • 約束のネバーランド
  • 私に天使が舞い降りた!

 今のところどろろが一押しで、二押しケムリクサ です。
 マナリアフレンズは竜娘の生態という面で、個人的にかなり気になってますが、オススメかというと微妙な感じです。
 ラディアンは2018年始まりのアニメですけど、正月一挙放送から見はじめました。

鬼灯の冷徹 第弐期

イケメン風を吹かせるマキちゃん

 本編では、なんか怒ってブワッと広がってばっかりだった髪の印象ありますが。
 インド映画特有のイケメンが現れた時に吹く風で、マキちゃんの髪がブワッとなると可愛いと思うのですよ。
 第弐期のその弐とか、ややこしいタイトルになってましたが、アニメは三期あるんでしょうか?

ブラッククローバー

ツンデレの激戦区

「男なんじゃないか、この人」という疑念を捨てきれない。
 小林ゆうさんが声を当ててるキャラは、どーしてもそう思っちゃうのですよ、もうしょうがないのですよ。

 にしてもこのアニメ、作画の振れ幅が大きすぎる!
 僕が描いた方がマシと思う回と神回が交互に押し寄せて、精神が不安定になる(笑)

 続きは更新履歴にあります。