鳶嶋(とびしま)工房(こうぼう)(Tobishima-Factory)

 開設。大串 敏史(とんび)の個人サイトです。
 ゲーム関連の記事が人気で、最近はRPGツクールMVやってます。
 Mac用のスクリプト言語AppleScriptに関する記事も、地味に人気です。

Counter | このエントリーをはてなブックマークに追加 | atom1.0 feed Atom1.0



大串(おおぐし) 敏史(としふみ)(とんび)さんの近況

X-MEN ダークフェニックス

 キャラクタが多いX-MENの悪いところが出てる感じでした。結局内輪での喧嘩というか。
 エンディングは、大筋原作漫画と同じだと思うんですが、今時の大作のシナリオとして通したのは偉いなと。
 彼女が主役なのに相変わらず影が薄いスットコさんに涙を禁じ得ない。
 絵的には、顔のアップがやたら多かった印象。

海獣の子供

 暗い画面が多い上に芦田愛菜が子守唄歌ってくるので、若干寝てしまいました…いや宇宙と一体化していたと言おう(笑)
 他も有名人が声を当ててますが、みんな上手すぎて有名人の名前が話題に出る効果がないのでは? と変な心配をしてしまいました。
 お父さん役の稲垣吾郎なんか、自然すぎてエンディング見て「あっ、そういえば稲垣さんだわ」とか思うほど。
 木村拓哉の声の評価が「思ったほどキムタクじゃなくて良かった」に対して、「ゴローちゃんだと気づかなかった」なの褒めるべきなんだけど、良いのかそれでとか思わんでもない(笑)

 背景動画というか手描き3Dがすごいクオリティでした。
 ペンギン・ハイウェイでもCG使った背景動画に「えぇぇ!」って思ったなー。
 そういや蒼井さんはこれでも声当ててるな…もう声優では?
 全体通して絵のタッチやテクスチャがすごい。
 絵の再現度がすごく高く感じました。漫画読んだことないんですが、ちょこちょこと絵を目にしたことはあるのです。

 素晴らしい映画ということに躊躇はないんですが、売れそうにないなー。
 話もなんだか、宗教の洗礼受けて帰ってきたような気分になるアレだし、下手なオススメすると宗教の勧誘ですよ(笑)
 作ってる人たちも売れそうな感触は持ってなかったと思います。
 長期的な投資の意味もあるかと思いますが、文化的な志がないとなかなか作れない名品だと思います。

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負 『七夕』

おねーちゃん、静かにして!

 虚空の揺籃って、七夕リリースなんですよ。
 そして、7月7日は鳶嶋工房開設記念日。
 宇宙を舞台にしたラブストーリー。
 とりあえずプレイコメンタリ動画をみるのもよし!

 今考えても、モトちゃんショタっぽいお姉ちゃんというコンセプトは非常に良かったな。
 そして、世話焼きの大きくて美人でグラマーな妹とゆーデコボコ感。
 未確認で進行形の真白ちゃんが、近いっちゃ近いか。

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負 『ハッピーエンドorバッドエンド』

ゲームオーバー「33:腹上死」

死にすぎ王子 と 虹の王女には「腹上死」というエンドパターンがあります。
 果たしてこれバッドエンドなんでしょうかね。
 死んだシーンは細かく描いてないんで、実はサキュバスちゃんと長年連れ添った末に腹上死してるかもしれませんよ。きゃははははは!!

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

 今までのマーベルシネマユニバースの流れを踏襲しつつ、実にテンポよくキャラとアクションを見せつつ、二転三転のドンデンを仕込み綺麗にたたむ。
 見事としか言えない。
 何言ってもネタバレになりそうな密度のシナリオなので、ひとつだけネタバレするとメイ伯母さんが全作中でもっともセクシーです(鳶嶋工房調べ)。
 次回作のスパイダーマンVSヴェノムが楽しみですね! ね! トム(ホランド) V S トム(ハーディー) ですよ。

 いやしかしスパイダーマンはこのあいだのスパイダーバースも大傑作でしたし、去年出たPS4のMarvel's Spider-Manもめちゃめちゃ評判良いですし、タイトルに絶大の信頼感が出てます。
 ソニーはいい買い物したな!

ゴジラ キングオブモンスターズ

 噂に聞くほど怪獣が出ずっぱりではなかったですが、たくさん怪獣出るんでOKです。
 ラドンさんは噂通りのクソバードでした(笑)
 でも、一番格好良く映ってたと思うし、出会ったら一番怖い感じしました。これぞ怪獣。

 Webの記事読んでたら「チャン・ツィーさんが演じる役が双子の博士」とか書いてあった。
 …えっ! 気づいてなかったリンともう一人誰だ!?
 にしても チャン・ツィーは若い「よく似た若手」だと思ってた、割とマジで。

アサシン クリード

 かなり久しぶりのゲームレビューです。
 最近読んだ本なんかを見るとわかるとと思いますが、このゲームの基礎知識を得るために中東からヨーロッパにかけての中世の情報を仕入れてました。
 一応、オープンワールドに分類されるのかな?
 すごく面白いけど、ダメなところも多いゲームです。

メン・イン・ブラック : インターナショナル

 スパイのような面白ガジェット、無駄に手間のかかった秘密基地、不思議な生態のエイリアンたち、まごうことなきMIB。
 ナンバリングタイトルではないので、これから入ってなんの問題もなく楽しめるはず。
 ただ、ザ・ハリウッドってところからは一歩も出てない。

君と、波にのれたら

 湯浅監督の真っ向からの恋愛もの、という事でケモノヅメを念頭に見はじめたらサイコホラーじみた作品のよーな気がしてきたり、わんぎょがグッズ化してたり、サーフィンアニメがスペースダンディ越えにすごかったり、妹のヨーコちゃんが人魚でも化け物でも宇宙人でもないのに可愛いので傑作です(支離滅裂)

 そういえば、エンドロールに「フラッシュアニメーション」とあって、アニメーターにアップデートしてないのかな、とか思った。
 多分「フラッシュアニメーション」って事にこだわりがあるんだと思います。
 Flashは死んでなくて、本来あるべきアニメ制作の役割に戻ってるだけ、って感じですね。

 すごく癖の少ないというかハイティーン向け少女漫画的なキャラなのに、ちょいちょい湯浅以外の何モンでもねー! って感じの絵や動きが入るのが、変な感じでした。いや、監督だから入って当たり前ですけど。
 冒頭からずっと「あれ? なんかキャラが、フツーに美男美女だな」って思って。

 主要なストーリーラインもゴースト/ニューヨークの幻的なコッテコテの鉄板なんですけど、恋人期間を丁寧に描いてたり、逆に説明・伏線的なところを描写しすぎなかったり、緩急がしっかりしてて面白く観ました。
 そして、フツーに泣いてしまったとゆー。くそっ、こんなコテコテにしてやられてしまった! みたいな。
 あ、声も良かったですね。すごく自然でした。

 ヒットしてほしいなぁ…。

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負 『次回作or新作の主人公』

てんてこまい

 RPGツクールMV のPeople1_4の女の子を主人公にひとつ作りたいなー、と思ってます。
 宿屋兼酒場で働いている設定。

 あ、ドットは参考に置いただけで60分で描いたわけではないです。
 ドット絵ひとつ描くのに、楽勝で60分以上かかります。

 折角3頭身キャラを沢山描いたので活用したいです。

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負 『パジャマパーティー』

え、眉描いてんのあたしだけ?

 オレンジ髪がラット、青髪がラビット、紫髪がシープです。
 シープはゲームに登場したことないんですけどね。オペレータです。
 なお、獣耳やツノは装備なので普段は付いてなくて、人の耳があります。
 シープちゃんは、腕のモコモコを触りながらだとよく眠れるとか言ってます。
 隙あらば寝ているので「よく眠れる」の意味がよくわかんなくなりますが、多分、質的なことを言ってるんだと思います。

#ゲーム制作者版お絵描き60分1本勝負 『ジューンブライド』

バッサリいくぞー!

 二人の服を新規にデザインして1時間で色までつけるの、無理!  とゆーわけで60分ではできてませんが、企画的には「お絵かき60分」のやつです。

 自分が作ったゲームで、作中に結婚してるのたぶんこの二人だけ。
 しかもマルチエンディングのルートのひとつなんですけどね。
 ガントレット花嫁とかいいじゃないですか?

 てゆーかミネルヴァさん、このままケーキの人形の間を真っ二つにして会場を静まりかえらせそうです。
 そして「どう? 綺麗に切れたでしょ、褒めて褒めて」みたいな顔する。

HUGっと!プリキュア

終盤の展開は約束されていたのです!

 これも何番煎じかわかんないぐらいのネタだと思いますが、描きたいもの描くのが良いよね。
 …はっ、後に合流する人型の味方ロボットもいたな!
 つまり、ルールーはえみるの乗り物?!

 まだこの番組が続いているような錯覚に陥るぐらい印象深いタイトルでした。
 映画のオールスターも、もしかしたらプリキュア映画でベストかも、というぐらいの出来でしたし。
 スタートウィンクルも面白いけどね。

 続きは更新履歴にあります。