目押し[格闘]

 元はパチスロ用語で、タイミング良くボタンを押すこと。
 キャンセルなしに基本技をつなげていくのを「目押し」という。以前はチェーンコンボのことを目押しコンボと言ったが、今は「目押し」と「チェーンコンボ」は明確に区別される。

めくり[格闘]

 敵を飛び越すようにジャンプして攻撃を出すと、ガード方向が逆になる。これを「めくり攻撃」または単に「めくり」と言う。
 以前は「ケツ落とし」とか「背面攻撃」とか、色々言われていたが、「めくり」で落ち着いたようだ。
 一応、相手をくぐり攻撃した場合も、「めくり」となるが、あまり狙ってやるものでもない。

メトロイドヴァニア(metroidvania)アクション

 任天堂メトロイドと、コナミ悪魔城ドラキュラ(英題Castlevania)のような、2Dサイドビューの探索アクションゲームのこと。
 ドラキュラシリーズはそもそも面クリア型アクションだったが、悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲以降は探索・強化要素が大きく占めるタイトルが主流になった。
 メトロイドヴァニアという用語のヴァニアは 月下の夜想曲以降を指す。

 熱狂的な人気があると同時に大衆ウケは全くないジャンルなので、インディーゲームの代名詞的なものになっている。

 通常のゲーム画面とは別に、選択肢を選ぶことで操作するインタフェース。
 家庭用ゲーム機ではスタートボタンによって表示されることが多い。
 地図やキャラの能力、クエストなどの情報を見るためのもの、装備の変更、道具を使う、設定あたりが、メニューによくあるもの。

 メニューの作りにはこれと言った決まりはなく、ゲームごとに異なる。
 表示のされ方は主に、完全に画面が切り替わるものと、(半透明の)ウィンドウが重ねられるものの2パターン

参考 : メニューの次元

n面[一般]

 ゲームの展開上の区切りの単位を、面という。
 昔のゲームは一画面固定が普通で、条件を満たすと画面が切り替わり次の画面表示される、というパターンが多かったため、画面→面という流れで定着したようだ。
 フェイズ(phase)が局面という意味を持っているから、その訳という説も有力。

 対戦格闘ゲームの場合、1試合勝ち抜けることを面と言うなど、会話で使う場合にかなり汎用性が高い言葉。
 逆に、実際のゲーム中で面と表記されることは稀。

ラウンドレベルマップ、フェイズ、ステージ、フィールド、ミッション、アクト、ワールド、ストーリー、チャプター、セクション、ループ、エリア、ウェイブ他

n周クリア

面クリ[一般]

 面クリアの略。面の終了条件を満たすこと。
 アクションゲームシューティングゲームの場合はボスを倒すことが一般的。