見合い
  1. [格闘]両者とも出す手を考えきれず、思わずキャラクタが向き合ったまま静止してしまうこと。

  2. [シューティング](特に出合い頭に)敵と正面衝突してしまうこと。
     交通事故の「お見合い事故」から来るもの。
     上品に「お見合い」とも言う。

ミディ筐体筐体

 ディスプレイを斜めに立て、座ってプレイするタイプの筐体。
 アップライト筐体の一種とされることもあるが、椅子のあるなしで明確に判別できる。

 セガのアストロ筐体は、他社のミディ筐体もアストロ筐体と呼ばれるほど普及した。

テーブル筐体

ミニゲーム[一般]

 ゲーム内ゲームのこと。
 あまり面白くなくても許容される傾向にある。
 または、簡単に終わるゲームの事。

用例「結局ミニゲームばっかり遊んでるような...(任天堂ゼルダの伝説 時のオカリナ)」

ミサイル(missile)

 主にシューティングに出てくる先の尖った棒の形をした爆弾、特に誘導弾に使われる言葉。
 先の尖った棒の形は進行方向がわかりやす誘導弾向きであるし、そもそも現実のミサイルも基本誘導弾である。
 コナミグラディウスシリーズのように、地面に沿って自走するタイプなども存在する。

 たまにファンタジー世界を舞台にしたゲームで「マジックミサイル」という魔法の矢が出てくる場合がある。
 もちろん現実世界のミサイルを反映した兵器はウォーシミュレーションなど、多く登場する。

ボム対空対地

ミス[一般]

 ゲームにおいては、残機制のゲームでは自機(キャラ)を失うこと、ライフ制のゲームではライフを失うこと。

用例「うおっ、ミスった」「2ミスでゲームオーバー」

見せ弾敵弾

 主にシューティングで、実際には当たりに行かない限り当たらないか、絶対当たらない弾。
 プレイヤーに「こんなに沢山の弾が降り注ぐ中を進む俺ってカッコいー」感を持たせると同時に、ギャラリーに「うわーこんなん絶対プレイできねぇ」と思わせる諸刃の剣。
 自機から遠くに撃つ弾、速すぎて移動してそこにいくよりも先に通り過ぎてしまう弾、グラフィックだけで当たり判定がない(画面奥や手前を飛んでいるものも含めた)弾などのバリエーションがある。
 画面手前や奥を飛ぶのは、弾よりも敵機の場合が多いが、弾は弾でも弾道ミサイルのようなでかいものは、演出として良く飛ぶ。

弾幕シュー

 あるいは、対戦型のシューティングゲーム(FPSやフロムソフトウェアアーマードコアやカプコンガンダムVSのような)で、相手に当てる気はないんだけど、仕掛けの位置で停止させたり、その後の本命の弾を命中させるために撃つ弾(射撃)のこと。

用例「見せ弾で止まった所に置きマインンンン!! (セガ電脳戦機バーチャロン)」