サイドアタック(side attack)[シューティング]
重なっても平気

 自機の当たり判定よりも外から弾が発射されるゲームの場合、前に撃っている弾でも自機の真横にいる敵を倒すことができる。これをサイドアタックと言う。
 縦スクロールシューティングゲームの自機は大抵が戦闘機なので、翼を敵にめり込ませるように使う。
 自機の後方から弾を撃つようになっているゲームの場合、同じようにバックアタックが可能である。
 バックアタックの場合は、攻略に利用すると言うより、後ろからやってきた敵に「たまたま当たってラッキー」ってことが多い…個人的には。

 自機の当たり判定は小さく、敵の当たり判定(赤の矩形)は見た目に近い。
 図では右側の翼をめり込ませた部分の弾が、敵機に当たっている。

サイドビュー(side view)ビュー
横視点

 横から見た視点をサイドビューと言う。
 ほとんどのジャンプアクション対戦格闘ゲーム横シューが、この視点。

 欧米ではジャンルとしてのside viewはside-scroller、あるいは単にscrollerと呼ばれるようだ(スクロールしなくても)

参考「サイドビュー考察

サウンドノベル(sound novel)アドベンチャー

 文章を読むことを中心にして、背景に画像を置き、音による演出を追加したもの。
 チュンソフト弟切草を始祖とするアドベンチャーゲームの一種。
 言ってしまえば、ゲームブックのコンピュータ版だが、音や画像による演出で新しいジャンルとして確立した。
 文章が中心と言ってもInfocomZORKをサウンドノベルとは言わない。テキストアドベンチャーとかインタラクティブフィクションと言う。

 サウンドノベルがチュンソフトの登録商標である事もあり、文章中心であるものの、より画像を多く用いたライトノベル的なゲームをビジュアルノベルと呼んで区別する。

先読み(look ahead)[格闘]

 相手の次の行動を予測して、対処すること。
 かなり自棄っパチなニュアンスのある「バクチ」とは似て非なるもの。
 また、反射的に対処することを「反応」という。
「当て身投げ」や「避け攻撃」「ブロッキング」には必須の技能。
 先読みをして対空技を出すことを「先読み対空」という。

用例「サイコリフレクターは飛び道具を先読みして(SNKザ・キング・オブ・ファイターズ'94〜)」

先読み弾(look ahead bullet)敵弾

 発射の時点での自機がいる場所+レバーを入れている方向にある程度離れたところに飛んでくる弾。
 レバー方向によらず、自機からある程度離れた位置に撃ってくる弾も含む。偶数弾はこれに当たる。
 自機狙い弾と組み合わせると、先読みというより追い込んで狙撃するような雰囲気となる。いわゆる彩京弾はこれ。

 誘導弾とは違い、射出されたあとに弾道が変化することはない。

弾幕

ザコ敵(エネミー)

 ゲーム中に多数出てくる敵の総称。
 小さい雑多な魚を指す「雑魚」から来ている。
 対して、強力な敵をボスという。
 シューティングゲームにおいては、編隊を組んで出現することが多い。

アイテムキャリア弾源

サブイベント(sub event)イベント

 ゲームをクリアするには必要のない脇道部分。
 脇道とは言え、取らなくてもいいコインを取る程度ではなく、依頼→探索→解決という感じのイベントとしてのまとまりがある。

 この小単位の繰り返しがゲームの中心となっている場合は、サブイベントではなく、クエストと呼ばれる場合が多い。

サムい[一般]

 お寒い状態、お寒いプレイ。
 主に、対戦格闘ゲームで逃げハメ待ちの三大チキンプレイを行うプレイヤーに対して使われる。

アツい

残機[一般]

 自機の残り。

用例「おいおい、残機が通貨かよ!(UPLアトミックロボキッド)」

レスト

残機制[システム]

 主に一発死で、自機が全て無くなるとゲームオーバーとなるシステム。
 ライフ制かつ残機制のゲームもあるが、ダラダラとゲームオーバーに向かって緊張感がなくなりがち。

用例「これもう残機制にする意味ないだろ(任天堂スーパーマリオサンシャイン)」