ダイアローグ(dialogue)セリフ

 キャラの発する会話の言葉。通常フキダシの中に、手書きではなく写植によって書かれる。
 声で判別できるアニメで、漫画と同じようなセリフ回しを行うと、過剰な装飾となることも。

 会話だけで話が進むと、バストアップ中心の退屈な画面になりがち。特に推理漫画で陥りやすいので、構図などを工夫して飽きさせないようにしてある。
 ゆうきまさみ機動警察パトレイバーの中に、後藤隊長と内海課長(ウォン)が電話で延々会話するというシーンがあるが、退屈しないように様々な工夫が凝らされている。ある種の漫画の到達点と言える。

モノローグナレーション

会話フキダシ破裂フキダシ花フキダシ

太陽フラッシュ効果背景

 フラッシュ表現の一種で、短く細い線を、放射状にまばらに描いたもの。
 笑顔とともに用い、明るい雰囲気を演出する。
 勿論、太陽そのものの周りに描き、太陽の暖かさを表現するのにも使う。
 細切れの線を円周上に列べ、それを何重にも重ねるという描き方や、楕円を放射状にまばらに並べるという描き方もある。

「ぱあぁぁぁ」とか「にぱぁ」とかの音喩とともに使われる。

ニコ線ニョロ

多角形フキダシ会話フキダシ

 直線を組み合わせたフキダシ
 輪郭が二重(三重)線になると、通信・スピーカーの声を示す通信フキダシとなる。

〜ダシ漫符

 楕円に四角か三角のシッポがついた図形につく語尾。気体が吹き出すイメージとして様々な場面に使われる。
 =3のようなブロッコリー状のものも同様。
 漫符としては、古典的なものに属する。

 田河水泡のらくろで多用され、それまでの漫画とは一線を画す斬新な表現として、一世を風靡した。
 ちなみに、会話フキダシを現在のような曲線にしたのも田河水泡らしい。
 それ以前は直線の組み合わせが主流だった。

イキダシケリダシタタキダシフキダシ

叩き(Patting)技法

「ティッシュを丸めてガーゼで包んで口を縛ってから、インクを軽く付けて原稿をぽんぽん叩く」略してガーゼポンポンとも言われる。スタンプの一種。
 カケアミともトーンともひと味違う、怖い場面や油っぽい煙に向いた模様(texture)が付く。

 ガーゼの他にも指(指紋)やタバコのフィルターを押し付けるなど、色々と味わい深い模様が出るような工夫がなされている。
 この手の技を使う場合は、マスキングシートやマスキングテープなどでしっかり汚したくない絵を保護しておく。
 デジタルの場合でも、レイヤーを変えるとかマスキングを行うなどの同様の保護は必要。

パッティング

吹き付け飛ばし

タタキダシダシ
スエット
ヒットマークの一種

 衝撃のあった部分を中心に放射状に描かれる、楕円に長方形を組み合わせたものやプロッコリー型の記号。
 形は異なるが、ホシはタタキダシのバリエーションの一つとしても使われる。

フキダシケリダシイキダシ

けんか雲

タチキリコマ
タチキリ
イリゴマ、ヒキゴマもタチキリ

 ノド以外のページの端。
 転じて、外枠まで描かれたコマ。

 ページの下(地)側のタチキリをタチオトシと言うこともある。

 ページ左右方向へのタチキリは、岸本斉史が好んで使う手法で独特の視線誘導効果を持っている。

 この横向き(小口方向)のタチキリは、開放された印象を与え、コマの外の空間を想像させる。

 浦沢直樹はかなりの率でイリゴマヒキゴマ(ページの最初と最後のコマ)でタチキリを使い、メクリのつながりをスムースにしている。

裁ち落とし - Wikipedia

タチキリ線

内枠、タチキリ線、外枠

 それより外に描くとタチキリになることを示す枠。要するにその内側が印刷される。
 印刷したり、本を裁断する際に多少ズレがあるので、目安としての線にしかならない。
 そこで、タチキリを描く場合は、この仕上がり線にぴっちり合わせるのではなく、余裕を持たせて少しはみ出して外枠まで描く必要がある。

仕上がり線

タッチ(touch)
タッチここにタッチ
奇麗に引くには訓練が必要

 線に強弱(太細)をつけること。線種は色々あるがタッチは主に実線につける。
 また、短い線で質感を表現すること。タッチをつける。タッチを入れる。
 転じて、絵柄を指す場合もある。

 なお、あだち充タッチは、このタッチとはまったく関係ない。
 羽衣翔はこのタッチをつけるためにロットリングで「線の輪郭」を描いて中を塗りつぶすという手間のかかることをやっている。羽衣翔に限らず、タッチをペンの線引き一発で出さずに、カリカリと太さの強弱を調節する描画法は珍しくない。

イリヌキ

炭団(たどん)

 炭団のように黒くて丸いベタ一色の目。
 とはいえ炭団が何かわからない人が多いと思うが、木炭や石炭を糊で黒く丸めた調理・暖房用の燃料。

 施川ユウキサナギさんの目は典型的な炭団目(たどんめ)である。

のの目パイカットアイ点目

ダメージ漫符(damage emanata)

ヒットマーク

キズタンコプバンソーコーチノリケムリタレ線

タレ線
  • ダメージ漫符
    ロボもまっつぁお

     主にキャラの額に描かれる縦の線の群れで、縦線とも呼ばれる。フキダシに描かれることもある。
     どの場合も、上は揃っているが、下は長さがまちまち。

     垂れ下がった線の略称であることからもイメージできるが、効果としては、毒などで顔が青くなっている様子、あるいはどんよりとした気持ちを表す。
     わりと多い音喩は「がーん」「ずーん」など。
     また、アセとペアで出現することが多い。

  • ムード線

     コマの上の方に縦の線が列ぶことも多い。
     使う場面や使い方は、エモティコンのタレ線とほぼ一緒。

太陽フラッシュニコ線

タレ線フキダシフキダシ

 縦に引いた線で囲んだフキダシ。
 モノローグであると同時に、どんよりとした気持ちも表す。

段(strip)
段

 ページを横に貫いた直線の間白によって分けられるコマの集合。言わばコマで作られる行。
 1段3コマが基本とされる。

帯ゴマ

段間(だんかん)(horizontal gutter)間白

 と段の間にある横の間白を、特に段間と言う。
 多くの場合、縦の間白に比べて幅が広く取られ、ページの横方向を貫いていることで、読者の視線を自然に誘導する。

 特殊な談の組み方として、見開きに渡る段間を大きく取ってページの上下が分割することにより、まず(幅広の)段間上部の見開きを読み、その後下の見開きを読むという流れになる。
 通常の組み方より横方向の視線の動きが強調され、映像のパンに似た効果を含む、独特の緊張感を与える。
 この手法は、柴田ヨクサルハチワンダイバーなどで使われている他、唐沢なをきカスミ伝などでは、上と下で別の場所の話が同時進行する、といった使い方もされている。

コマ間

タンコブダメージ漫符

 打撲によってできた瘤を戯画化したもの。
 漫画の中のタンコブは、餅のように景気よく膨らむ。
 より強調したい場合は、雪だるまのように2段重ね3段重ねで描かれる。

 古典的だが、ユーモラスで分かりやすいこともあって、残り続けている漫符。