勝つと嬉しい

ゲームには勝敗の要素があるものが少なく無い。それが面白さを引き出すからだ

そりゃ勝つよな

勝つということ

 勝つと嬉しい。なぜか。
 それは自身の優秀性が分りやすい形で証明されるからである。
 オレは強い・頭がいい・カッコいい・速い・我慢強い。どーだまいったか、というわけだ。

負けるということ

 では、勝ってさえいれば嬉しいのか。
 そんなことは無い。
 さらに言えば、負けることが無いと勝つ面白さは有り得ないのである。

 負けが勝つことの嬉しさ・楽しさに繋がるのであるのだから、文明人たるもの「負けることも楽しむ」という余裕が必要である。

現実はどうだ

 しかし現実はあまりに浅ましい。とくに対戦格闘ゲームでは勝利至上主義が横行している。
 ゲームの攻略記事を書く人間までもが「勝たないとつまらない」というのであるから、事態は深刻である。

勝ち負けの価値

 もう少し、論理的に考えてみよう。
 人生は厳しく、よほどのことで無いと勝つなんて有り得ない、せめてゲームの中でぐらい勝ちたい。そう思う人もいるだろう。
 逆に、人生は簡単で、よほどのことでも無いと負けるなんて有り得ない。だからゲームの中でぐらいは負けるのもいい、なんて人もあり得る。
 一人のケースがあり得るならば、全ての人で、スケールの違いはあれ、同じ状況があり得ると考えるのが自然だろう。
 分りやすく言い直せば、誰でも勝ちたいのは勿論、誰でもちょっとは負けたいのである。

 別の方向から考えてみる。
 勝つことの喜びは相対的なもので、少なくとも一度は負けないと、勝っても嬉しく無い。また、勝ち続けると喜びの感覚は麻痺し、しだいに喜びは希薄なものとなる。
 逆に、一度は勝たないと、負けても悔しく無いし、負け続けると悔しさも希薄になる。
 勝つことも負けることも、経験という価値の元では等しいとも言える。

 やはり、勝負を面白くするには、勝ちだけでは無く、負けが必須であるし、非常に大切な要素であるのだ。

関連「誰でもクリアできるゲーム」「コンピュータに勝たされる」「ゲームオーバーはなぜ必要か

 そこで結論。

負けても楽しい