汝暇を潰すことなかれ

暇つぶしにゲームでもやるか、ってそれでいいのか

プチプチ

暇つぶしゲーム

 ゲームレビューを見ていると「このゲームは、暇つぶしに最適」という評価がある。
 その評価は、短時間で終了するもの、または時間がかかっても、区切りが短かく、すぐに保存ができるゲームを指しているものと思われる。
 だが、それは「短い時間で楽しめる」のであって、「暇がつぶせる」のではない。
 そもそも、「暇つぶし」という言葉には、大いに「時間を無駄にする」という意味がある。

「ゲームは断じて無駄なことでは無い」
「ゲームは人生を豊かにするものである」

ゲームのために暇を作る

 暇つぶしにゲームをやってはいけないのか?といわれると、ハッキリ私はいいたい。

「ゲームで暇をつぶすな!暇を作ってゲームをやれ!」

 なにかの行動の目的が暇つぶしでは余りに勿体無いではないか。ゲームをやりたい欲求まず有りきで、そしてうまい具合に他にやることのない時間がある、その時にゲームをやるのは正しい。
 しかし、「暇を潰すためにゲームをやる」のは大いに間違っている。やりたいことをやるべきだ。暇を潰すことが人生の目的ではないだろう。
 ゲームをやる第一の目的は、やはりゲームをやって楽しみたいからでなければならない。
 ちょっとした時間でもゲームができるのは「いつでもゲームができて嬉しい」のであって「暇が潰れるのでいい」のではない。

そもそも暇などない

 もはやゲーム論では無いが、暇な時にやる事が無いって人は、物凄く危険な状態である事を理解した方が良い。
 人生は短い、暇などがあるはずがない。暇は「できるもの」ではなく「作るもの」であり、作った暇はすぐに埋まるものであるはずだ。
 暇を潰すなどという、人生の貴重な時間をドブに捨てるような行為をやってはいけない。
 ゲームをやるのが暇つぶしになっているのなら、今すぐ止めて、暇つぶしで無いことに切り替えろ。
 文庫本があれば、ほとんど全ての趣味・興味に対応した時間の使い方ができるし、何も持たなくても、考えることは幾らでもあるだろう。
 勿論、暇つぶし(時間を無駄にする)ゲームでないゲームをするのもいい。

 そこで結論。

人生には潰していい暇はない