わくわくぷよぷよダンジョン

対応機種・周辺機器
Saturn
ジャンル
アドベンチャーロープレ
著作・制作
(c)COMPILE 1998

「わくわくぷよぷよダンジョン」は「ローグ」系ゲームの一種である。
 「ローグ」系ゲームは、コンシューマ機としてはチュンソフトが発表した「トルネコの大冒険-不思議のダンジョン-」が素晴らしいアレンジを行い、RPGのジャンルの一つとして定着するにいたっている。
 簡単に言ってしまえば、プレイの度に異なるマップが楽しめるRPGである。

 このタイトルが発表された時期は、コンパイルが和議申請(倒産前段階)を行った直後である。つまり、この「わくわくぷよぷよダンジョン」は会社建て直しを狙うための、同社にとって重要なタイトルといえるわけである。

 ところが困ったことに、コンパイルクラブ(コンパイルのファンクラブ)に入会していない人間おいてきぼりのネタが多すぎる。同人ソフトではないのだから、ソフト内できちんと完結してほしい。
 やる気は、妙に気合いの入ったグラフィックで感じることができるが、プロデューサー能力が無い人間(MOO仁井谷)にプロデュースさせて失敗している感じ。コスプレばっかりやってないで、もう少し勉強してほしい。この人がプロデューサーやってる限り、コンパイルは浮かび上がらないと思う。

 さて、ゲーム自体は、「ダンジョン出てもレベルが上がったまま」というローグ系のゲームにあるまじき仕様を採用しており、頭を使う謎らしい謎も無いことと相まって、作業プレイとなる。
 特に「仙人のお守り」と言うアイテムは最悪で、とにかくそれを装備していれば腹が減らないので、レベルアップやり放題で、緊張感も何もあったものではない。

 ダンジョン生成のパターンが大雑把なので、一画面当たりの情報密度が恐ろしく薄い、また極端なモンスターの密集地帯などのメリハリもない、など緊張感がないことおびただしい。他にも色々と緊張感のない仕様のオンパレードで、何故ローグ系のシステムを採用したのか、力一杯疑問である。
 さらには、モンスターの種類もさほど多くなく、イベントの少なさも単調さに拍車をかけている。

 全体的に、作り掛けの印象が強く、とりあえずまとまった金が欲しかったんで発売した、というのが正直な印象である。
 実際、のちに発売されたPS版では、大幅な改定が行われており、ここで上げている問題の多くは解消されている。もともとの仕様書に書いてあったのはPS版の内容であったと思われる。
 といっても、根本的な「ダンジョン出てもレベルが上がったまま」という仕様は同じであるのだが。

 そこで結論。

「会社の状況が厳しいからって、作りかけのものを売らないように」


2000-12-31